福祉分野のDXを
加速させるための組織

Smart Fukushi Lab

福祉分野のDXを
加速させるための組織

Smart Fukushi Lab

福祉分野を「SMARTふくし」
に押し上げるエンジンに

一般社団法人SMART(スマート)ふくしラボは、福祉分野のD Xを加速させるための組織として、社会福祉法人黒部市社会福祉協議会から派生し、2022年4月1日に設立いたしました。
広域的な活動と調査研究機能の強化と独立をねらいとし、活動を進めて参ります。
今後単独で展開していくことが難しいとされている広域連携を図るためのプラットフォーム機能や、黒部市社協の経営戦略係にて展開してきたシンクタンク事業、調査研究機能の一部を引き継ぎ、調査研究機能の強化を図ります。

加速するデジタル社会と足並みを揃え、福祉業界もDXに取り組んでいかなければいけないことは理解しつつも、何からやれば良いのか、どのように進めていけば良いのか、また、民間企業もどのように福祉分野と関わっていけば良いのかなど、まだまだつながっていない現状です。そこをコーディネートしていく役割として、SMARTふくしラボがあります。
持続可能な社会の実現に向けて福祉事業所と民間企業が賢くスマートに繋がることができることを願って、共に学び、新たなことに挑戦していきましょう。
どうぞよろしくお願いいたします。

最終目標

SMARTにつながる状態

デジタルやDXを理解し、上手く活かすことのできる状態

※SMART(スマート):賢い
※DX(デジタルトランスフォーメーション):デジタル技術を用いて人々の生活をより良いものへと変革すること

SMARTふくしラボのポジション

ITの導入や業務のデジタル化に向けて、様々なシステムが開発されています。しかし、ただシステムを導入しただけで便利になるということではなく、導入によって、どの程度業務の負担が軽減され、本来業務へ注力できるか、また、現状業務の可視化も必要であると考えます。
一方で、システム開発に取り組む民間企業や研究機関と福祉事業所が直接つながることも難しく、福祉分野のデジタル化やDXへの取り組みが遅れている要因となっていると考えます。
その両者を伴走していけるのがSMARTふくしラボの強みであり、入口部分のお手伝いをはじめ、仲介サポート的な役割を担い、最終的には、福祉分野と企業がスマートにつながっていける形を目指し、福祉分野のデジタル化やDXを一気に推し進めます。

SMARTふくしラボ
のポジション

ITの導入や業務のデジタル化に向けて、様々なシステムが開発されています。しかし、ただシステムを導入しただけで便利になるということではなく、導入によって、どの程度業務の負担が軽減され、本来業務へ注力できるか、また、現状業務の可視化も必要であると考えます。
一方で、システム開発に取り組む民間企業や研究機関と福祉事業所が直接つながることも難しく、福祉分野のデジタル化やDXへの取り組みが遅れている要因となっていると考えます。
その両者を伴走していけるのがSMARTふくしラボの強みであり、入口部分のお手伝いをはじめ、仲介サポート的な役割を担い、最終的には、福祉分野と企業がスマートにつながっていける形を目指し、福祉分野のデジタル化やDXを一気に推し進めます。

3つの場づくり

「学び合う場」、「実験する場」、「研究する場」の3つを核とし、福祉分野のデジタル化・DX研究、地域での実証実験を通じ、ビジネスモデルの構築、セミナーや勉強会の開催等、広域的に事業を展開していきます

プロジェクト

福祉の現場でICT利活用やDXが進み
より本来の仕事に注力できるようになり

働きやすさと共に
やりがいが生まれる

福祉分野のデジタル化と
DXを急加速させるための

エンジンになる

お知らせ

メンバー

山本 真也

代表理事

小柴 徳明

プロジェクトマネージャー

高村 千恵美

シニアマネージャー

お問い合わせ

SMARTふくしラボの活動やプロジェクトにご興味をお持ちいただきありがとうございます。
ご質問、お問い合わせはフォームからお問い合わせください。


事務局 一般社団法人SMARTふくしラボ
住所 〒938-0022
富山県黒部市金屋464-1 黒部市福祉センター内